昭和レトロ


このブログは夜間警備員のfujigenが

見つけた気になる写真を公開するために開設したものです。

今回は昭和レトロの写真を特集しています。

写真素材【PIXTA】フォトライブラリーで紹介されています。

  


ダイハツ ミゼット

ダイハツ工業が1957年(昭和32年)から1972年(昭和47年)まで生産・販売していた軽自動車規格の三輪自動車です。 当初から自社一貫生産による大量生産と低価格販売を目途として開発されていました 。今でも現役です。

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は IMG_4543_12_06_2019-1024x768.jpg です




日野ルノー

日野自動車が昭和28年フランスのルノー公団と技術提携してルノー4CVの生産を開始しました。小型で小回りがよく効いたためタクシーとしても重宝され生産終了までに35,100台余りが生産されました。








手押しポンプ

手押しポンプは、手でハンドルを押し下げて水を吸い上げるポンプです。主に井戸の水を汲み上げるのに用いられ現在でも都内各所でも見られます。 但し飲用としては使われていません。







郵便受け

古いアパートで今でも見受けられます。





レトロポスト 国立市大学通り

現在でも現役で使われています。





アンティーク電話機

アメリカで使用されていた岩崎通信機製の電話機です。(国内使用不可)




アンティーク電話機




ピンク公衆電話機

1959年(昭和39年)に登場しました。正式名称は 特殊簡易公衆電話(とくしゅかんいこうしゅうでんわ)と呼ばれています。飲食店などの店内に店舗の運営者などが設置する公衆電話サービスです。 対応電話機の多くがピンク色であることから通称ピンク電話と呼ばれていました。



NTT601プッシュ式電話機

1969年に販売されました。カラーは当初グレーのみでしたがその後レッド、グリーン、ホワイトが追加されました。



 


ダイヤルカラー電話機

色は当初黒のみでしたが、1971年(昭和46年)から「グリーン」「ウオームグレー」「アイボリー」が追加されました。カラー電話機の登場と同時期からベル音の調節ができるようになりました。そのためレンタル料金も黒電話機の月180円から230円にUPしました。底面のスリットから調整ダイヤルを動かしてベル音の強弱を調節できます。

 


アンティークラジオ 真空管ラジオ

東芝マツダ製の5球真空管ラジオです。今でも現役で作動しています。




アンティークラジオ 真空管ラジオ




アンティークラジオ 真空管ラジオ




国産旅客機 YS-11 所沢航空記念公園

戦前の1911年開設の日本で最初の飛行場である所沢飛行場の跡地に整備されています。 現在の公園内には、航空発祥記念館や所沢市立図書館をはじめ 日本庭園・茶室「彩翔亭」、野外ステージ、テニスコート、野球場やドッグランなど、様々な施設があります。 写真は西武線航空公園駅前の光景です。




旧陸軍輸送機 所沢航空記念公園






横浜港裏通り

 


横浜港裏通り

 


横浜港裏通り

 


横浜港裏通り



水車堀公園

日野の原風景の一部である水車小屋を復元した公園です。

所在地  日野市新町3丁目



小金井公園 江戸東京たてもの園

東京都小金井市の都立小金井公園内に設置された野外博物館です。

東京都墨田区にある、東京都江戸東京博物館の分館になっています。


 

この記事へのコメント